<< オイシクナ〜ル | main | FILT 42号 >>
2009.11.14 Saturday

ライオンと道草



ライオンを連れて帰ってきました。


11/14〜11/25まで、
経堂のロバロバカフェで石原稔久さんの個展
「ライオンと道草」が開かれています。

我が家のテーブルで出番NO.1、
自分も惚れ込みまくっている石原くんですが、
今回器はちょっと少なめ。
道ばたに咲く、草花を生けられる一輪挿しと、
とにかく作りたかったというライオンが
メインで出ていました。
それで「ライオンと道草」ってわけ。
言葉の組み合わせが広がりあって
素敵なタイトルです。

一輪挿しは、
ウッドのプレートの上に陶器の一輪挿しを
セットして使う、個性的な形。
(写真なくてすみません!)
ウッドのプレートの上に余白感があって
なんとも趣きあります。

一輪挿しとライオンを秤にかけて
ライオンを連れ帰ってきました。



余談ですが、このライオン、石原くんの
奥さんにどことなく雰囲気が似ているのです。
そんな話を石原さんとしていたら、
「何作ってもそう言われちゃうんだよね」
との本人の弁。
無意識に、愛する人に似ちゃうって、
なんとも良い話だなあ。





この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM