<< ビストロ男子Vol.3 | main | オレンジページ12/2 >>
2011.11.20 Sunday

ふろふき大根

 今晩は冷える夜なので、ふろふき大根であります。

まずは大根は皮を厚めにむき
軽ーく面取りして、片面に火が通りやすいよう、
隠し包丁を入れます。

ルクルーゼに大根を入れ、たっぷりの水、ひとにぎりの米とともに、
中火にかける。沸いてきたら、弱火にして、コトコト。
メールのひとつもチェックしながら下茹でします。

ふと先ほど切った大根葉と目があう。
下茹での間に、一品作ることにする。
大根葉をザクザクザクっととりあえず刻む。
冷蔵庫をがらっと開け、余っていた明太子を発見。

明太子は皮から身を出してほぐす。
そんでフライパンにごま油をひき、大根葉を入れて
酒とみりんとともに炒め、火が通ったら明太子を入れて絡める。
そんでかつおぶしを手で細かくしながら、どさっと加えて
ふりかけ的な炒め物の出来上がり。

さてルクルーゼのフタをとる。
竹串が通るぐらいに大根に火が通ったら、一度ザルにあげ、
お米とお湯を捨てる。
大根を鍋に戻し、大根がしっかりかぶるぐらいお出汁を加える。
今日は昆布+あご出汁がストックしてあったから、言うことなし。

さらに、みりんと酒をとぼとぼ入れ、お塩と醤油をちょろっと。

そしてここからが大事なポイント。
かつおぶしをキッチンペーパーにのせ、四方から折り込んで
包みこんだものを(お茶パックを利用するのでもいいぞ)
落としぶた代わりにのせて弱火で煮込む。
こうすることで「追いがつお」になるってワケ。

あ、今日は日本シリーズの最終戦。おもむろにラジオをつける(地デジ難民中)
ネットの速報サイトを見て、試合経過をおさらい。ふむふむ今日も接戦。
晩ご飯の他の献立考えつつ、冷蔵庫を開けると、
切り落としの豚肉がちょっとだけあった。
鍋のふたを外し、大根のまわりの煮汁に豚肉も落として一緒に煮込んじゃう。

この夜の味噌汁は、にんじん、かぶ、麩、水菜で。
ごはんは黒米と押し麦を混ぜて圧力鍋で。
あとは一昨日ボジョレー対応で作った、牛肉とひよこ豆の赤ワイン煮やら
撮影で作ったポテトサラダなんかも残っているので、
晩ご飯としては十分。冷蔵庫に納豆がないのが悔やまれるところだ。

大根を味見。箸を通すと、ほろっといい感じ。肉からも出汁が出てなかなかの仕上がり。
ルクルーゼの火を止め、フタをしたまま、ごはんが蒸らし終わるのを待つ。

日本シリーズは佳境。
ホークス、だめ押しの1点が入ったところで
「いただきます」



大根の甘みに唸る。
ホークスの継投策にもしびれる。
そして秋山監督の優勝インタビューに涙、涙。

大根葉は、明日の朝食にちょっと残るはずが、すっかり完食。
残っていないという事実に、少しだけ悲しくなる。

まあ兎に角、今宵も美味しくいただけましたとさ。

「ごちそうさま!」


この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM