<< オレンジページ 11/17号 発売中! | main | 「オレンジページCooking」冬レシピ、発売中! >>
2013.11.27 Wednesday

長野産直野菜クッキングサロン



11月27日、オレンジページさん本社で行なわれた長野産直イベントに
金子が料理などを担当させていただきました。
オレンジページ本誌とオレンジページnetで連動した企画
「全国の農家からいただきます!長野編」を締めくくるイベント。

自分の奥さんの実家が松本ということや、お義父さんが田んぼと畑を
していて、そうした農作業を自分も手伝いによく松本へ行き来しています。
近い将来、松本への移住も考えているので、
こうした長野の美味しい農作物を紹介できるお仕事、すごく嬉しかったです。



この黄金色になった稲穂!
9月に東御市にある信州ファーム荻原さんの稲刈りの様子を
編集部の方々と伺ってきました。
標高700m、すーっと吹き抜ける気持ちのよい風と
浅間山を望む風景が印象的でした。
この寒暖の差を生む土地こそが美味しいお米づくりには欠かせないそうです。



取材の次の週に荻原さんも関わっている上田のHatake Cafe 山笑さん主催の
手刈りの稲刈りイベントにも参加してきました。
手で稲を刈り取って、束ねて、はぜ掛けする。
初めての体験でしたが、最後の落ち穂拾いまでやって、
よりお米一粒一粒への有り難さが身にしみました。



まずは荻原さんのミルキークイーンに合う常備菜と
五分付き米を炊いてドリアをつくりました。



品種としては、まだまだ珍しいお米の部類に入るミルキークイーン。
でも、この炊きあがりの色ツヤ、独特のもっちり感、噛むほどに
甘さが広がっていく感じ、ぜひ一度味わっていただきたいです。
とくに荻原さんのこだわりのミルキークイーンは格別でした。
冷めても美味しいので、お弁当のごはんやおにぎりにおすすめですよ。



デモンストレーションでつくった4品は、
・飯山市の長いもを使った豚とろろ味噌のドリア
・信州味噌と香味野菜&塩昆布を合わせたおにぎりにつける香味味噌
・たたき長いものしょうが塩麹漬け
・土鍋ごはん

土鍋で炊いたミルキークイーンは炊きたてをみなさんに試食してもらいました。



この日は、荻原さんがつくった新米のミルキークイーンを
炊飯器、土鍋、圧力鍋で炊いて、みなさんに食べ比べてもらいました。



デモンストレーションのあとは、お客様全員で実習タイム!



実習が終わったら、きのうから仕込みをしてつくった
長野の農作物たっぷりの郷土フードランチタイムへ!

この日のメニューは、
・白菜りんご洋梨くるみのサラダ
・松本一本ねぎのマリネ
・柿と干し柿の白和え
・高野豆腐と野沢菜漬けのえびゴマ味噌和え
・いろいろきのことかき菜の佃煮
・豚とろろ味噌のドリア
・香味味噌のっけのプチおにぎり
・塩麹鶏と赤かぶのみぞれ汁
・春巻きアップルパイ

中野、飯山、上田、松本、下伊那など長野全域から集めた
食材を使ってつくりました。



4日前に松本の畑で収穫してきた伝統野菜でもある松本一本ねぎを直火でこんがり焼いたものを
マリネしました。このねぎが甘いのなんの!夏に植え替えをしているので、
白ネギ部分が土に植わっている月日が長くて、太く柔らかく甘いんです。



ごはんのあとは、
荻原さんのお米づくりへの取り組み、無農薬米へのこだわり、
南信、中信、北信と広がる長野県の農作物の紹介と
より長野が好きになるきっかけをたくさんいただきました。

お越しくださった皆様、ありがとうございました!
 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM