<< 林拓児さんの個展で創作手巻き食事会 | main | 「シバカリー "和"ラ!」 vol.2 >>
2014.01.24 Friday

冬の種市



栃木の小松さんの里芋、岡山は蒜山耕藝さんの黒田五寸人参、
愛知の高木さんの愛知早生フキ…
そして昨年山形で、うれしいご縁があったグリーンショップはらださんから
米沢雪菜や藤沢カブ…
と、これらは種市に使う野菜の一部でございます。

さあ、いよいよ今週末(1/25、1/26)は吉祥寺で種市です。
つむぎやは、土曜日にキチム会場に出店します。
在来、固定種の野菜をたっぷり使ったプレートとスープをお出しします。
今回テーマとして「郷土料理」というお題をいただいているのですが、
せっかくいろいろな地方のお野菜を使わせていただくこともあり、
特定の地方の料理に偏るのも何か違うし… というわけで、もんもんと考えて、
「郷土料理」=「ソウルフード」と解釈して、
つむぎやの定番料理の中から、ソウルフードにしていきたい料理や、
マツーラの地元山形、そして金子のもうひとつの拠点となっている松本、
その土地の郷土料理だったり、郷土食材を使ったおかずたちを
プレートに盛り合わせてお出しします。
題して「つむぎやのソウルフードプレート」!

◎つむぎやのソウルフードプレート
●黒カレー種市スペシャルバージョン
つむぎやの定番、黒ごまをたっぷり使った黒カレー。
黒田五寸人参、加賀れんこん、高野豆腐を入れ、
蒸した里芋を加えた種市スペシャルバージョンに。

●子づけ
鱈の子と糸こんにゃく、にんじんを炒める、マツーラの地元
鶴岡の郷土料理「子づけ」。
山形では塩抜きしたたくあんを、冬場に料理に使うのですが、
それも加えた、より郷土色が強いバージョンに。

●松本一本ねぎの和風バーニャカウダ
金子の奥さんの地元である松本の在来野菜、松本一本ねぎ。
その義父さんが育てた松本一本ねぎをローストし、
豆腐をベースに使った和風バーニャカウダソースであえました。

●米沢雪菜と愛知早生フキ、切り干し大根の甘酢和え
雪の中で育つ米沢雪菜、ふきを、切り干し大根を
さっぱりとした甘酢和えにしました。

別料金でスープをご用意します。
◎カブ尽くしのポタージュスープ
かつおだし、しょっつるをベースに使った聖護院カブのポタージュをベースに、
藤沢カブをトッピングした、カブ尽くしのスープです。


その他、キチムの会場では、カフェスローさんのフードや、
フードムードさんのクッキー、ダンディゾンさんのパン、
そしてお野菜のマーケットも!
ヒトトやグルッペなど、他会場でも盛りだくさんの2日間です。

植物の一生に寄り添う、種を繋いでいくということが、
いつのまにか特別な世の中になってしまいました。
「取り戻す」べきは、こういうムーヴメントこそ!って思うのです。
というわけで、この週末は吉祥寺へ。ぜひ遊びに来てくださーい。

 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM