<< おからde和え物 | main | ぬくぬくにて >>
2008.07.28 Monday

ごまのすりすぎ?



これは何かって?
すり鉢越しの空でございます。



松江を旅した際に
連れ帰ってきた
お気に入りのすり鉢。

来る日も来る日も
ごますることに疲れたのか
どうなのかわかりませんが
ある日山芋すっている時に
突然の職場放棄。








実際には、ゴマや山芋するだけでなく、
練り物のタネを作ったり、
ディップを作ったり、
スープの下準備に使ったりと、
ありとあらゆる料理で活躍してくれるすり鉢。

このすり鉢は、島根県江津市の
メーカーさんのものなんですが
民藝的な模様と、リーズナブルなプライス、
そして重量感があって気に入って使っておりました。

よいすり鉢って、これがありそうでなかなかないのです。
もちろん作家モノで素敵なものがあることはあるのですが、
まず値段が高い。オイラはどちらかというと
すり鉢を料理道具としてとらえているので、
器としての値段が高いのは、ちょっとどうかと思ってしまいます。
あと作家モノのすり鉢は、器としての見た目を
優先させているからか、どっしりとした重量感がないのがほとんど。

キッチンで使うのはもちろん、床であぐらかきつつ、
足の間にすり鉢置いて、ぐりぐりやるのが好きな自分としては
繊細さよりも、大きさと重量感がほしいのです。

このたび近所の民藝屋さんで
偶然同じデザインのものを発見したので、
今回さらに大きなサイズを無事購入。

以上、すり鉢談義でございました。
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM